LTC(LINEトレードコミュニティ) 株式会社NEXT LEVELについての評判をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
竹井佑介氏

こんにちは!    管理人カナリアです。

当サイトでは、副業などのビジネス案件についての情報を私の独自の見解を含めて紹介しております。

皆様の商品購入における判断材料としてお役に立てればと思っております。

さて、今回は”株式会社NEXT LEVEL”の販売する『LTC(LINEトレードコミュニティ) 』についてまとめてみました。

 

概要

竹井佑介氏が主催するLINEを使ったFXスクールのようです。

スクール期間に応じて金額が違いますね。
・3ヶ月コース    30万円(税抜)
・6ヶ月コース    50万円(税抜)
・12ヶ月コース 90万円(税抜)

LINEグループにて指導及び質問、意見交換などを行って、竹井氏が提唱するトレードロジックを学んでいくものとなっているようです。

 

竹井佑介氏について

竹井佑介

竹井佑介氏

FXトレードを始めて2年で月収1,000万円を達成し、
17年以上トレード市場から退場することなく稼ぎ続けるFXトレード講師。

学費を稼ぐために元金3万円からFXをスタートし、2015年1月にはスイスショックにより1日で3500万円以上稼ぐ。
現在はアメリカ、ロシア、フィリピンを中心に世界中に投資。
他業種の起業と分社化、2つの日本最大規模の投資アカデミーの設立と勢力的に活動。ひとつの会社は一部上場企業からの出資を受け、上場に向け邁進中。
稼いだお金で「教育格差を無くす」ため北海道家庭学校、DAREDEMO HEROはじめ国内外の教育施設、および世界中の被災地へ寄付。
地元貢献により、2015年12月紺綬褒章を受章。
モットーは「投資を通して人々を幸せに」
著書「The Money」

「LTCに集まってくださった皆さんを、全員億万長者にして、立派な社会投資家にしたい」という想いを本気で考え、LTCの運営に尽力中。

引用元:https://fx-ltc.com/introduction/

 

特定商取引法に基づく表示

販売社名: 株式会社NEXT LEVEL
所在地: 東京都港区六本木5-9-20 イグノポール302
電話番号: 03-5476-4544
メールアドレス: info@nextlevel.tokyo
販売URL :https://fx-ltc.com/

 

口コミ 評判

LINEグループ他を活用した
コミュティビジネスは
増えている印象です。

ただ本来投資は孤独なものです。

当たり前ですが、株運用もFX
トレードも仮想通貨トレードも
最終的な判断は我々の意思です。

その性質上、孤独である
事が前提なのです。

その観点からいくと、竹井氏は
FXトレード商品を通じて、
多くの竹井教信者を増やして
いるようにしか思えません。

引用元:https://earninginfo.work/line-trade-community-keisuke-takei/

 

竹井佑介は自己啓発大好きおじさん。投資に精神論は不要です。必要なのは資金管理、スキル、強いメンタル。人間性を磨くだけで勝てるなら苦労しませんよ。

引用元:http://www.info-bonbon.com/investment/ytenlks.html

 

金額に見合った情報や手法が手に入るかわからないようです。

また、竹井さんは別の会社で詐欺まがいなことをしているうわさもあるので信用はあまりできないですね。
個人的には、少しでも怪しいことがあれば手を出さないですね。

また高額すぎるのも難点です。

引用元:https://rrryoko.com/business/3169/#FX_LINELTC-4

 

 

 

まとめ

今回記事にしました『LTC(LINEトレードコミュニティ) 』ですが、お勧めすることはできません。

理由としましては、金額の高さというところですね。正直なところ、グループの参加にこの金額はないかなあといったところです。

また、指導者である”竹井佑介氏”の評判があまりいいものではないということです。これだけの金額を支払うのですから、

不安要素としましては十分だと思います。

稼げていない者同士意見交換することは決して悪いことではないですが、所詮戯れ事だとおもいませんか?

直接的に利益につながるものとしてあまり有効的ではないように思えます。

決して安い買い物ではありませんので、しっかりと精査してから決断いただきたいと思います。

 

 

皆様の日々発展と向上を願っております。

管理人カナリア

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。