株式会社GRASP 「扇動マーケティング」は稼ぐことができるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
扇動マーケティング

こんにちは!    管理人カナリアです。

当サイトでは、副業などのビジネス案件についての情報を私の独自の見解を含めて紹介しております。

皆様の商品購入における判断材料としてお役に立てればと思っております。

さて、今回は”株式会社GRASP”の販売する『扇動マーケティング』についてまとめてみました。

 

概要

アフィリエイト商材ということで、「人を動かす力」「人の心をつかむ力」を身につけることができるようです。

セールスページでは

なぜ、熱心に売り込まないのに高額商品が売れるのか?

コピーライティングよりも圧倒的に稼げる、もう一つの販売ノウハウとは?

億を稼ぐ起業家たちが口が裂けても言わない秘密…

お客を熱烈な信者に変え、10万円声の商品さえ盲目的に買わせてしまう彼らの人心操作術の神髄を、こっそりあなたにもお教えしようと思うのですが…

ということで、なかなか過激な印象が見受けられます。

コンテンツについては、動画 音声 PDFでの提供となっております。

金額については、

(税込)30.000円

返金保証無しとの事です。

 

 

特定商取引法に基づく表示

販売者:株式会社GRASP

運営統括責任:濱田大輔

住所:東京都世田谷区北沢2丁目8-6 菱和パレス下北沢駅前704

連絡先TEL: (50) 5806-1645

E-mail: daipon02@gmail.com

 

口コミ 評判

ただ、この教材は初心者向けではなく
対象者を選びます。
アフィリエイト報酬を伸ばす方法や、
アクセスを増やすためのノウハウなどの
内容ではありません。

引用元:http://allison777.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

 

内容的には、
『みんながやってるからやろう!』系の群集心理を利用するとか
心理学的な部分が多いように思います。

ご自分が出演した動画をつくる方には参考になる部分があるかもしれませんが
ブログやメルマガでは使いづらい印象を受けました。

普通にコピーライティングを学べば充分だと思いますけど。

引用元:http://krinko.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

 

全体的に抽象的な話が多くて、実際にどんな文章を書いたらいいのかといった具体的な部分が良くわからなかった

教材の内容自体は書籍などでも充分知る事が出来るレベルなので、トップアフィリエイターだけが知っている特別なノウハウを期待していたが裏切られた

引用元:https://emememj.com/sendo-marketing-review/#i-3

 

扇動マーケティングは抽象的な内容でありレベルが高く、超初心者の方にとっては、ついていけない可能性が高く、収益に直結しない可能性が高いです。

引用元:https://oomiwa.net/%E6%89%87%E5%8B%95%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80

 

サポートがないので、この教材で勉強をして記事を書けたとしても、チェックをしてもらえたり、アドバイスをしてもらうところがないという点です。

教材に関しても主な資料が動画と音声だけというこもあり、この内容で30000円というのは高額といった印象となります。

引用元:https://marquis-club.net/2021/01/14/%E6%89%87%E5%8B%95%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%BD%E3%82%93-%E6%BF%B1%E7%94%B0%E5%A4%A7%E8%BC%94-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BEgrasp/#toc2

 

 

まとめ

『扇動マーケティング』は稼ぐことは難しい案件と判断致しました。

まず、一商材として、サポート体制が全くない点はかなりの不安要素であります。

また、内容的にも抽象的で万人向けではないことが伺えます。

知識として詰め込んでおいても悪くはないと思いますが、収益に直結するするものではないですし、30.000円の価値があるか?

とすれば  ”???”  といったかんじですね。

セールスページを見る限りでは魅力的な広告がなされていますが、惑わされることのないようご注意いただきたいと思います。

 

 

皆様の日々発展と向上を願っております。

管理人カナリア

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。